プレミアムブラントゥースが効かない。

プレミアムブラントゥースを使っているけれど、なかなか歯が白くなってくれない、そんな人もなかにはいるのではないでしょうか?

 

 

そういう場合はいくつかチェックすべき項目があると言えます。

 

@使用期間
A歯が黄ばむ原因の排除
Bもともと黄色い(着色がある)

 

 

の3つが主なチェック項目だと言えます。

 

 

@使用期間

まず、使用期間についてですが、プレミアムブラントゥースは基本的には使っていけばいく程、歯の着色を落としてくれますが、そうは言っても歯の着色度合というのは人それぞれです。

 

簡単にとれてしまう場合もあれば、長年のこびりついた着色の場合もあります。

 

 

当然、長年の月日をかけてついてしまっている着色はそう簡単にはとることはできません。

 

 

プレミアムブラントゥースの効果を感じるまでの試用期間というのは目安としては1ヶ月程ですが、これはあくまでも目安としての期間です。

 

なかには3ヵ月、4ヶ月と時間をかけてようやく効果を感じられる場合もあります。

 

 

ですので、まずは1ヶ月間試してみて、そこで少しでも歯が白くなっているかをチェックしてみましょう。

 

しかも、ものすごく目を凝らして。

 

そして、その時に本当に少しでも歯が白くなっているのであれば、それはチャンスです。

 

どんなに少しでも歯が白い方向へといっていれば、今後さらに使っていくことでより効果を感じることができますから。

 

 

ですが、逆に、全く変わらない。どう見ても黄ばんだまま。という場合であれば、他に問題があるかも知れません。

 

以下の2つのチェック項目をチェックしてみて下さい。

 

 

A歯が黄ばむ原因の排除

今、歯の色が黄ばんでいるという事は何かしらその原因があるはずですよね。

 

コーヒーや紅茶を良く飲む、タバコを吸っている、といった。

 

 

プレミアムブラントゥースを使っていても効かないと感じるのは、もしかしたら、付着していく色素が取り除いている色素よりも多いかも知れません。

 

 

プレミアムブラントゥースではコーヒーや紅茶を飲んでいる人やタバコを吸っている人でも効果があるという感じの話がされていますが、必ずしもそうとは限らないんですね。

 

 

コーヒーや紅茶を飲む量、タバコを吸う量もやはりプレミアムブラントゥースには関係してきますから。

 

もし、できるのであるならば一度、歯が黄ばむ原因を排除することをおすすめします。

 

 

その上で、プレミアムブラントゥースを使っていってみて下さい。そしたらきっと効果を感じられるようになりますよ。

 

 

Bもともと黄色い(着色がある)

もともと黄色いというのは歯の色自体が黄色い場合です。

 

 

プレミアムブラントゥースは歯を白く染めるジェルではありません。(染めるためにはクリニックでホワイトニングをする必要があります。)

 

ですので、もともと黄色い歯の場合は、どれだけ歯についているたんぱく質を分解したとしても白くすることはできないんですね。

 

 

上記のチェック項目の@とAのどちらも実践したけれど、プレミアムブラントゥースが効かないという場合はその可能性があります。

 

 

そういうタイプの歯は正直プレミアムブラントゥースを使うのは無駄になってしまいます。

 

 

 

ですので、使用の中止を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

そして、どうしても歯を白くしたいという人はクリニックでのホワイトニングをおすすめします。

 

関連ページ

プレミアムブラントゥースは口臭対策ができるホワイトニングジェル
プレミアムブラントゥースはホワイトニングだけではなくて口臭対策としても優秀!
プレミアムブラントゥースは研磨剤不使用だから安心。
プレミアムブラントゥースは研磨剤不使用だから安心して使えるという口コミがたくさんあります。
プレミアムブラントゥースで歯を磨いたあとはツルツルになる。
プレミアムブラントゥースで歯を磨くとツルツルしてくる感触があれば、歯が白くなる日も近い。
プレミアムブラントゥースは口の中の乾燥対策もしてくれる。
プレミアムブラントゥースで口の中の乾燥が防げるって知ってましたか?